効果をアップする飲み方|ホルモンバランスがおかしくなる更年期障害|男性にも発症する病気

ホルモンバランスがおかしくなる更年期障害|男性にも発症する病気

家族

効果をアップする飲み方

ウォーター

水素を逃がさない温め方

持ち歩きにも便利なアルミパウチの水素水が人気がありますが、温める時は水素を逃がさないよう注意しましょう。水素水を入れる容器は色々ありますが、温めて飲むならアルミパウチが便利です。水素水も抜けやすく、加熱しやすい形状です。もちろん、アルミパウチの水素を電子レンジで温めるのはNGです。火花が散って火災の原因になることもありますし、電子レンジが壊れる原因にもなりかねません。アルミパウチを沸騰したお湯の中に入れ、30秒程度加熱します。60度以上になると水素水が壊れる恐れがあるので、加熱し過ぎないよう気をつけて下さい。パウチが破裂する心配があるので、加熱時間も長くかけ過ぎないようにするのがポイントです。

温めて飲むと冷え対策にも

活性酵素を除去する抗酸化作用に優れた水素水は、温めて飲む方法が人気です。水素水は冷たい状態で飲まなくてはいけない、と思い込んでいる方も少なくありませんが、実は熱にも強い性質があります。むしろ冷たい水素水を寒い時期に飲むと、身体を冷やし免疫力が低下してしまいます。常温もしくは安全な方法で温め、体温を下げないように水分補給しましょう。水素水は熱い水に溶けることができるので、水素風呂に入る健康法も流行っています。水素が一気に逃げてしまう恐れがあるので、沸騰させることは避けるべきですが、普通に温めるだけなら問題ありません。味や香りも変化せず、美味しいまま頂くことができます。ちなみに、凍らせて飲んでも品質が変化することはないので、夏でも冬でも温度を変えて楽しむことができます。